私たちの取り組み

近年、環境に負荷をかけない企業活動を行うことは、もはや特別なことではなく当たり前のこととなりつつあります。
このような流れは印刷会社にとっても例外ではなく、印刷物の設計から出荷するに至るまで、全プロセスを通じて環境に配慮した活動が求められています。
ショウエイ株式会社でもこのような社会背景を受け、環境に配慮したものづくりを実践しております。


石灰石生まれの環境に優しい紙

石から生まれた紙「Keeplus」は森林・水質資源の保護や
CO2削減に貢献します。


Keeplusは、原料に木材チップやケナフなどを一切使用せず、石から抽出した無機鉱物粉末からつくられたストーン紙です。だから、Keeplus製造時には貴重な森林を伐採する必要がありません。
また、製造時に水を使用しないため、排水が出ず『水質汚染』につながらないのも特長です。
Keeplusは、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、オーストラリア、カナダ、中国など48ヵ国以上で特許を取得しています。環境に優しいKeeplusは、従来の"紙"と同様、様々な用途にご利用いただけます。
私たちは貴重な森林資源の保護を推進していきます。

今までの製紙技術では、紙を作り出す際に原料となる木材を使用しなければならず、製紙の生産量が増えるにしたがい森林の伐採も増えてしまいます。私たちが住む日本においては、原料の木材をほとんど輸入に頼っています。
今、地球上で10分の間に、おおよそ野球場と同じ広さの森林が伐採され続けています。
最近、CO2の排出量削減が議論されていますが、日本ではなかなか各個人の意識改革が進まず、根本的な改善ができずにいるのが現状です。
Keeplusは原料に木材チップやケナフなどを一切使用しないため、今まで使用していた紙の代替として、Keeplusを使用することで貴重な森林資源が保護できます。
新たな選択肢としてのKeeplus。幅広い分野にご使用いただくことで、環境保全の輪は、ますます広がっていきます。私たちはKeeplusの利用を広げることで、貴重な森林資源の保護を推進していきます。
製造時に「排水を排出しない/強い酸を使わない」

従来のパルプを使った製紙に比べ、Keeplusは製造時に水で洗浄するプロセスが一切なく、強い酸やアルカリ、漂白剤も必要としません。このため製造時の廃水排出の問題もなく、河川や海を汚染することもありません。
地球の水資源保護のため、私たちは最大限の努力をします。
Keeplusの製造には、樹脂と石の粉(炭酸カルシウム)と電力を使うだけで、乾燥、洗浄の製造プロセスが無いため、廃水や排気ガスを排出することもありません。

印刷へのこだわり
印刷へのこだわり
「色が持つ意味」
「お客様第一主義」
企画から印刷まで
企画から印刷まで
企画から印刷まで一貫した
制作体制でお客様をサポート
エコプロジェクト
エコプロジェクト
パルプを使用しない
石灰石生まれの紙をご紹介